PAGE Top

中日フォトメイツ

中日フォトメイツとは

 「中日フォトメイツ」は、前身の「中日ミスカメラ」の時代も含めると、中日写真協会(中日写協)の歩みと同じく70年近い歴史があります。
 活躍の場は、中日写協が主催する撮影会のモデルだけに留まりません。「名古屋まつり」をはじめ、公共団体の催しにも参加し〝中日新聞の顔〟として、活動の場は多岐にわたります。
 愛知県や岐阜県、三重県などに在住または在勤、在学の18歳(高校生は不可)から25歳の未婚女性であれば、どなたでも応募いただけます。

第67代フォトメイツの声

中日新聞・中日写真協会が行う撮影会などでモデルを務める第67代の中日フォトメイツ12人が決まった。メイツたちの喜びの声と横顔を紹介する。

※年齢や学年、コメントは選定会時のもの。メイツ紹介は50音順

山本 花菜(やまもと・かな)

山本 花菜

小さいころから身長が高く、周囲からはモデルさんみたいと言われてきたため、フォトメイツに興味を持ちました。「食べることが大好き」で、グランプリに選ばれた瞬間は「まさか」と思いました。将来の夢は薬剤師で、今は大学の薬学部4年生。通っている大学の入学案内のパンフレットのモデルを務めた経験もあります。趣味はピアノをはじめ、これまでテニス、ソフトボール、ラクロスなどと多いです。撮影の時は思いっきり楽しみたいです。

荒井 優花(あらい・ゆうか)

荒井 有花

小さいころから名古屋まつりなどで中日フォトメイツの人たちを拝見していました。母が背中を押してくれて初めて応募しました。選ばれたときはうれしくて泣いてしまいました。3年前に父を亡くしました。父は私に「モデルになってほしい」と言っていたので、早く活動している姿を報告したいです。精いっぱいがんばりたいです。

今村 有希(いまむら・ゆき)

今村 有希

成人式の前撮りで野外撮影をしてもらったとき、とても楽しかったので応募しました。選ばれた瞬間は、心臓が口から飛び出るぐらい驚きました。セールスポイントは笑顔なので、明るくやっていきたいです。漫画をきっかけに囲碁を始めて今は三段です。テレビ局でアルバイトをしてアナウンサーを志望するようになりました。

加藤 杏梨(かとう・あんり)

加藤 杏梨

おじいちゃんが、新聞でフォトメイツの活躍を見て、私にやらせてみたいと応援してくれました。選ばれて、やったよとおじいちゃんに伝えたいです。子どもが好きで、保育士になる勉強をしています。ドラゴンズファンで、ナゴヤドームでアルバイトをしていたこともあります。168センチと長身です。背の高さを生かして頑張りたいです。

河原 もも(かわはら・もも)

河原 もも

フィギュアスケートを10年やっていて、高校時代は3年連続でインターハイに出場しました。授賞式は試合と試合の合間に日程がとれました。負けず嫌いなので、選ばれてうれしかったです。ピアノ、音楽、映画鑑賞、お菓子作りと、趣味は広いです。周りを笑顔にすることが好きなので、そんなモデルを目指したいです。

久門 藍子(くもん・あいこ)

久門 藍子

出身は奈良県。昨年4月に就職で名古屋に来て、地元を知るきっかけになればと思って応募しました。知り合いはまるでいませんでしたが、ここは華やかな街で、皆さんやさしいです。知り合いのフォトメイツOGに勧められて応募しました。落ちると思っていたので、びっくり。フォトメイツの活動で思い出づくりをしていきたいです。

菅谷 真梨奈(すがや・まりな)

菅谷 真梨奈

成人式の時、中日写真協会の人に声を掛けられ、応募しました。20歳になって新しいことに挑戦しようと思ったからです。中学で軟式テニスと駅伝、高校で陸上をしていました。故障をしたのがきっかけで針灸師を目指すことにしました。見る側の人に、この人の笑顔がいいなあと思ってもらえるように張り切ってやりたいです。

寺田 美桜(てらだ・みお)

寺田 美桜

4年前の応募では選ばれなかったので、再挑戦をはたせうれしいです。東京の大学に通っていたのですが、この春から名古屋で就職します。旅行が好きで、日本にないものを求めて、これまでに15カ国を訪れました。特に好きなのは、古い街並みが残るイギリスの田舎です。中日新聞を読むのが好きで、編集局でアルバイトをしています。

豊田 実里(とよだ・みのり)

豊田 実里

審査で、アニメ「ちびまる子ちゃん」のおばあちゃんの声のものまねをしました。それも受けて、選んでもらえたのでは。先日東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県の気仙沼大島を訪れました。震災復興を目的とした学生団体に入って、復興に関わっていこうかと考えています。フォトメイツになり、いろんな出会いを楽しみたいです。

中島 希実(なかじま・のぞみ)

中島 希実

母が新聞で応募要項を見つけたのがきっかけ。自信はなかったけれど、もうすぐ就職活動が始まるので度胸試しのつもりで挑戦しました。就活と両立しながら、フォトメイツの活動も精いっぱいやっていきたいです。大学の部活でオリエンテーリングをしています。山の中を歩き回り、イノシシや鹿に出会ったこともあります。楽しいですよ。

松山 菜歩(まつやま・なほ)

松山 菜歩

大学工学部の1年生。2年生までは授業にも余裕があるので、今しかないと応募しました。5歳から新体操を10年やっていました。高校では袴姿にあこがれて弓道部にはいりました。趣味は散歩で、二時間ぐらい歩くこともあります。将来は化粧品の研究開発をしたいです。姿勢には自信があるので、撮影会ではそこに注目してもらいたいです。

宮瀬 夏歩(みやせ・かほ)

宮瀬 夏歩

高校生の時、放送部でアナウンサーをしていました。愛知県の弁論大会で5位に入賞したこともあります。だから、おしゃべりには自信があります。写真を撮る方たちとは、トークでも交流していきたいと思います。今は看護師の勉強をしています。一月にアルバイト代で一眼レフのカメラを買いました。撮影を趣味にしたいです。