PAGE Top

規約

【中日写真協会規約】

第1章 名称

第1条
本協会は中日写真協会(略称・中日写協)という。

第2章 組織

第2条
本協会は会員組織の写真団体で、事務局を名古屋市中区三の丸1丁目6番1号、中日新聞社内に置く。

第3条
・本協会は必要に応じ支部を設置することができる。
・支部は地域支部、職域支部とし、設置は第22条により承認を得たものに限る。

第4条
本協会の会員は第5条の目的に賛成し、入会金および会費1年分を前納すれば資格を得ることができる。

第3章 目的および事業

第5条
本協会は写真技術の向上と会員相互の親睦を図り、中日新聞社とともに地域社会に貢献することを目的とする。

第6条
本協会は第5条の目的を達成するために中日新聞社と連携して次の事業を行い、委員長がこれを統括する。
①協会専属モデル「中日フォトメイツ」の選定
②中日写真展、中日写真サロン、全日本スポーツフォトコンテストなどの公募写真コンテストや各種撮影会
③会員の作品展覧会
④写真に関して中日文化センターや本部・支部が主催する講座・教室・講習会等
⑤会報「中日写協」の毎月発行
⑥中日ツアーズなどと共催の撮影ツアー
⑦中日新聞社主催の写真に関する事業に特別優待(優待方法はその都度発表)
⑧地域社会活動への参画
⑨その他必要な事項

第4章 役員

第7条
本協会の本部に次の役員を置く。
最高顧問・1名  名誉会長・1名 会長・1名    副会長・若干名
顧問・若干名   委員長・1名  副委員長・若干名 事務長・1名
相談役・若干名  理事・若干名  審査委員・若干名 鑑査委員・若干名
常任委員・若干名 委員・若干名  会計監事・若干名 特別職・若干名
支部長・1支部ごとに1名

第8条
第7条役員のうち、最高顧問は中日新聞社最高顧問を、名誉会長は中日新聞社会長を、顧問は中日新聞社役員を総会で推薦する。

第9条
・会長は総会の推薦により中日新聞社社長が就任し、本協会を統括する。
・副会長は総会の推薦により中日新聞社事業担当および事業局長、写真協会委員長が就任し、会長を補佐するとともに、必要に応じて会長の代行をする。

第10条
・委員長は中日新聞社が選任し、本協会運営上すべての権限を有するとともに理事長、審査委員長を務める。
・副委員長は中日新聞社が選任し、委員長を補佐する。
・事務長は中日新聞社が発令し、事務全般の処理に当たる。
・相談役は理事を10年以上務め、功績のあった役員で、理事会で推薦し、総会で選任する。相談役は本協会の運営に適切な助言をする。

第11条
・理事は本協会に功績のあった審査委員の中から会長が委嘱する。また、会長が必要と認めたものについて委嘱することがある。
・理事は本協会運営上の企画を立案審議するとともに率先実行する責任があり、役員を指導して、的確な事務処理を行い、円滑な協会運営に努める義務を有する。

第12条
・審査委員は鑑査委員の中から、鑑査委員は常任委員の中から、常任委員は委員の中から、理事会の推薦を得たものを総会で選任する。
・審査委員、鑑査委員、常任委員は、理事会で定められた各々の協会運営上の役割を実行する責任を有する。

第13条
委員は本協会に功績があり役員の推薦をうけた会員の中から総会で選任する。

第14条
・役員が、病気などの理由で長期療養または事情により休職せざるを得ない場合は、その任期中は特別職とする。特別職の任命は、理事会で決める。
・特別職が、任期中に復職した場合には、休職前の役職に復帰する。

第15条
・役員が、会員規則に違反した場合、あるいは役員としてふさわしくない行為をした場合、理事会の決定により、役員資格の停止、降格、本協会からの除名処分を行うことができる。
・降格された役員が従前の役職に戻るには、12条もしくは13条に定める手続きを経た上で、再度総会での選任を受けるものする。

第16条
・会計監事は役員の中から理事会で選任し、総会で承認を得るものとする。
・会計監事は協会の会計監査を行うほか、必要に応じて関連団体の会計監査も行う。

第17条
・本部役員の任期は1年とし、再任を妨げない。
・本部役員の中から各種活動の担当委員若干名を委嘱する。
・本部役員は他の写真団体役員、委員などに就任することは原則できない。

第18条
・支部長は支部総会で選出し、本部理事会の承認を得るものとする。
・支部長は支部を代表し運営上のすべての責任を負い、行事、その他必要事項を本部に報告する義務がある。
・支部長は、支部の運営にあたっては本部の定める規約や諸規則および支部規約を順守しなければならない。

第19条
中日新聞社および中日写真協会は、功労顕著な役員および会員を表彰することがある。

第5章 会議

第20条
本協会の会議を次の通り定める。
総会 理事会 支部長会

第21条
・本協会の総会は年1回、開催し、必要な時は臨時総会を開くことができる。総会は会長が招集し、出席者が委任した議長が議事をつかさどるものとする。
・総会は本部役員、支部長で構成し、その3分の2以上(委任状も含む)の出席で成立する。議事は出席者(委任状を含まず)の過半数をもって可決する。
・総会では次に掲げる事項を処理する。
 ①協会の運営方針説明
 ②協会の事業報告
 ③協会の会計収支決算報告と監査報告
 ④協会の本部役員人事と新役員および支部長紹介など
 ⑤次年度の協会行事報告
 ⑥その他必要事項の審議

第22条
・理事会は委員長(理事長)、副委員長、事務長、理事をもって構成し,必要に応じて委員長が招集し、必要事項を伝達、協議する。
・理事会は総会閉会中の協会運営に当たり、第6条に関する事業のほか役員人事、支部設置承認など、すべての必要事項を審議する。

第23条
支部長会は委員長(理事長)、副委員長、事務長、理事、支部長で構成し、必要に応じて委員長が招集、必要事項を伝達、協議する。

第24条
会議は関係者の3分の2以上(委任状を含む)で成立し、議事は出席者の過半数(委任状を含まず)で可決する。

第6章 財政および会計

第25条
・本協会の会計年度は毎年1月1日に始まり、12月31日で終わる。
・決算書の作成は中日新聞社および本協会の定める様式による。

第26条
本協会の収入は次に掲げるものとする。
①新入会員の入会金
②会員会費
③中日新聞社からの事業費
④協賛社からの協賛金
⑤その他寄付金

第27条
本協会会員の会費は以下の通りとする。金額はいずれも消費税額を含む。
(1)本協会会員の入会金は300円とする。
(2)年会費は、区分ごとに以下の通りとする(会報年間購読料を含む)。
  ①正会員  3,700円(支部、本部とも)
  ②家族会員 3,000円(会報なし)
  ③学生会員   200円(ただし25歳未満に限る)
  ④支部会員 上記のほか、各支部が定める支部運営費
(3)本部会員および学生会員は、年会費のほか、会報郵送料として年間800円を別途徴収する。
(4)支部会員の会費等の納入は、原則すべて所属支部を通じて行うものとする。支部会員の第4条に定める入会手続きは支部から本部への納金をもって完了とする。
(5)年度途中での年会費および会報郵送料の取扱いは以下の通りとする。
  ①8月までの入会
   ・本条2号、3号に定める額
  ②9月以降の入会
   ・正会員   2,000円
   ・家族会員  1,600円
   ・学生会員    100円
   ・会報郵送料   300円
(6)一旦納入された会費等は、理由のいかんを問わず返却しない。

第28条
・本協会の支出は次の通りとする。
 ①一般経常費
 ②写真コンテスト、撮影会、研修会などの必要経費
 ③会報発行費
 ④支部補助金
 ⑤その他必要経費
・本協会支部への補助金は支部会員1名につき年額700円を交付する。ただし、9月以降の入会者は300円とする。支部会計は各支部で担当者を選任して行うものとし、支部総会で報告した後、本部に決算書を送付するものとする。

第29条
本協会会計の収支決算書は毎年度末に本部事務局の担当者が所定の様式で作成し、会計監事の監査を経たうえ、監査報告書とともに総会に提出するものとする。

第7章 その他

第30条
この規約の改正は理事会で審議し、出席者の過半数の賛成により改正できる。ただし、総会において報告し、承認を得なければならない。

付則

  1. この規約は1965(昭和40)年1月1日から施行。
  2. この規約は1971(昭和46)年9月1日 一部改正し施行。
  3. この規約は1992(平成4)年1月1日 一部改正し施行。
  4. この規約は2002(平成14)年12月14日 一部改正し施行。
  5. この規約は2005(平成17)年12月10日 一部改正し施行。
  6. この規約は2009(平成21)年3月21日 一部改正し施行。
  7. この規約は2010(平成22)年2月12日 一部改正し施行。
  8. この規約は2012(平成24)年3月28日 一部改正し施行。
  9. この規約は2017(平成29)年3月28日 一部改正し施行。
  10. この規約は2019(令和元)年9月13日 一部改正し施行。
    ただし、第27条は2020年(令和2年)施行。

〒460-8511 名古屋市中区三の丸1丁目6番1号 中日新聞社内
中日写真協会
TEL:052-221-0730
FAX:052-221―1958

※規約の中で、会費を定めた第27条は、2020年1月1日から施行します。それまでは旧規約の金額のままです。正会員は3500円(会報郵送費含む)、家族会員は2500円(郵送費含まず)、生徒・学生会員(25歳未満)は1000円です。入会金は300円です。

【中日写真協会 会員規則】

第1条(総則)
本規則は、「中日写真協会規約(以下「規約」という)」により会員資格が認められた中日写真協会(以下「本協会」という)のすべての会員(以下「会員」という)が遵守すべき事項を定めたものです。

第2条(会費の納入)

  1. 会員は、毎年3月末までに所定の会費を、本部会員は写真協会本部へ、支部会員は自分の所属する支部を通じて本部へ納めてください。所定の期日までに納入がない場合、会員資格を一時停止する場合があります。なお、納入に要する費用は会員の負担とします。
  2. 本協会に新規に入会する場合、入会金および所定の年会費の納入を本部が確認し、会員証とバッジを送付した時点で、会員資格が発生するものとします。
  3. 入会金および年会費は、会員の種別ごとに規約にて別途定めるものとします。
  4. 一旦納入された会費は、法令に定める場合を除き、理由のいかんを問わず返還しません。

第3条(服務および禁止事項)

  1. 会員は、本協会の目的(規約第5条)に定める写真技術の向上と会員相互の親睦、地域社会への貢献に努めるほか、本規則を含む本協会のすべての定め(支部会員は支部規約を含む)の遵守、本協会運営に協力する義務があります。
  2. 会員の親睦および風紀を乱す行為、本協会・協会役員・会員および関係者をみだりに批判、中傷する行為を禁止します。暴力行為は理由のいかんを問わず退会処分とします。
  3. 本協会役員・他の会員、中日フォトメイツ、その他関係者に対する、正当な理由のない電話、メールその他の方法による接触、同意のない接触、拘束、束縛、威嚇、強要など一切の迷惑行為を禁止します。
  4. 本協会の会合、諸行事において、物品販売や営業行為(事前に本協会本部の承認を得たものを除く)、金銭の貸借、勧誘行為、政治活動、署名活動の一切を禁止します。
  5. 本協会の業務遂行あるいは諸行事への参加により得た個人情報を、本人の同意なく、第三者へ公開することを禁止します。
  6. 上記のほか、会員は、本協会の体面を汚したり、品位を貶めたり、また本協会に損害を及ぼす行為、本協会の運営を妨害する行為をしてはいけません。本規則を含む本協会の定めに違反した場合、あるいは犯罪行為や社会通念上不適切な行為があった場合、あるいは会員としてふさわしくない行為があった場合には、理事会の協議により、会員資格の停止、除名などの処分を行うことがあります。会員資格の停止中は、活動への参加をお断りするほか、本協会の作品審査、表彰の対象になりません。

第4条(諸行事への参加)

  1. 本協会の撮影会や諸行事に参加する際には、会員証とバッジを必ず携行し、本協会係員より提示を求められた場合には必ず提示してください。会員証の提示が受けられない場合、参加をお断りする場合があります。
  2. 撮影会等では、会場の禁止事項を遵守し、本協会係員および指導役員の指示に必ず従ってください。指示に従わない場合、撮影会等の途中であっても退場していただく場合があります。この場合、参加料は一切返還いたしません。度重なる問題行動があった場合、次回以降の行事への参加をお断りする場合があります。
  3. 諸行事への参加判断は自己責任でお願いします。諸行事への参加は体調不良でないことを原則とします。本協会は、当日係員および指導役員の判断により、健康状態に不安のある方の参加をお断りする場合があります。なお、行事の途中で体調不良等となった場合、本協会は、救護措置および応急処置以上の責任は負いません。
  4. 介助が必要な会員が諸行事に参加を希望する場合、原則介助者の同伴を条件とします。介助者を伴っての参加の場合、必ず、申込み時、または事前申し込みが不要な行事については当日受付でその旨申し出てください。介助者は会員である必要はありませんが、非会員の場合、行事への直接の参加はできません。また、行事により、参加費の一部または全部をご負担いただく場合があります。

第5条(届出事項)

  1. 会員は、氏名、住所、連絡先に変更があったとき遅滞なく本協会(支部会員は支部)に書面による届出をしてください。
  2. 中日写真協会の名称、役職名を使って、本協会と直接関係のない以下の活動を行うときは必ず、事前に書面により本協会本部(支部会員も本部)へ届け出てください。本協会の名称・役職を使っての本協会外の活動は、委員長および理事会の事前の承認が必要です。
    ①文化センター等の講師(中日文化センターを含む)
    ②本部・支部主催の講座(協会本部が直接主催するものを除く)の講師
    ③地域公共団体、各種学校、旅行会社等が主催する講座の講師
    ④会員本人が自ら主催する講座
    ⑤その他、写真に関する教室、講座、講習会等の講師
  3. 会員は、本協会に在籍のまま、他の写真団体に加入することは原則できません。

第6条(会員資格の喪失)

  1. 会員は、次の各号のいずれかに該当する場合、各号で定めた日をもって会員資格を喪失するものとします。
    ①会員の都合により、退会を申し出た場合。本協会がその申出を受理した日または本協会が指定した日。
    ②第3条6項により、除名処分となった場合。本協会が同処分を決定した日または当該処分事由の発生日。
    ③会員が、会費等の納入をせず、度重なる督促を受けてもなお納入しない場合。本協会が退会処分を決定した日または本協会が指定した日。
    ④会員本人が死亡した場合。本人が死亡した日。
    ⑤会員本人が、暴力団関係者、その他反社会勢力構成員であることが判明した場合。本協会が、その事実を確認した日。
  2. 前項により会員資格を喪失した場合、資格喪失日以降は、会員のいかなる権利も喪失するものとします。ただし、前項4号(会員の死亡)の場合に限り、死亡前に本協会の審査に提出した作品については表彰対象とする場合があります。
  3. 本条1項により会員資格を喪失した場合、年会費等の返金はいたしません。
  4. 家族会員のいる本会員が年度途中で死亡退会となった場合、当該家族会員は、自動的に本会員に切り替わるものとし、次年度以降も同様とします。家族会員が複数の場合、特段の申し出がない限り、家族会員の最年長者を本会員に移行するものとします。
  5. 会員資格を喪失した場合、すみやかに会員証および会員バッジを本協会本部事務局(支部会員は支部長)へ返却してください。

第7条(規則の改定)

本協会は、必要に応じて、本規則を改定することがあります。その場合、会報への掲載、総会での報告等を通じて、会員に周知します。なお、改定した規則の効力は改定の日から全会員におよぶものとします。

≪附則≫

  1. 本規則は、2019年9月13日より、新設・施行。