PAGE Top

入会案内あなたも中日写真協会に入りませんか?

中日写協

写真はデジタルカメラの出現で、シャッターを押しさえすれば、まずまずの写真がきれいに撮れる時代になりました。見たままを写真にすることは、それほど難しい事ではありません。しかし、コンテストに出品して入選するような写真はなかなか撮れません。 写真に撮ることで自分が受けた感動をそのまま見る人に伝えることができたら素晴らしいですね。

テーマを何にするか?見る人に何を伝えたいか?などを普段から考え、仲間との切磋琢磨の中で、自らの感性を鍛え、腕を磨いてみませんか? 中日写真協会は、本部や支部で数多くの撮影会を催し、そうした機会を提供しています。作品は、経験豊かな理事らが審査に当たり、良い作品には賞状や賞品を差し上げています。その結果は、中日新聞紙面や会報「中日写協」、中日写協のホームページなどで紹介しています。

年間を通じて最大の写真コンクールは「中日写真展」。8部門の最高位には、それぞれ大臣賞が出ます。
参加資格が会員限定の「写真サロン」。最高位の中日大賞は賞金10万円他が贈られます。
さらに全日本スポーツフォトコンテストでは、最高位の中日スポーツ大賞が10万円、中日花の写真コンテストも歴史と実績のあるコンクールで、最高位の推薦の賞金は3万円です。
この他にも、本部や支部独自で主催する撮影会、公共施設や私企業と提携しで行う撮影会も数多くあります。
本部会員になって大物を狙うのもよし、あなたのお住まいのある地域支部に所属して新しい仲間を作り、月例会のような撮影会に顔を出すもよし。いずれにせよ、会員は気が置けない、善い人ばかりです。
ぜひ、入会をご検討ください。

会員特典
中日写真協会会員証

会員バッジ、会員証を授与
中日写真協会主催の撮影会、フォトコンテスト、写真講座には、すべて参加可能。月刊会報「中日写協」の配布。

 

会費

本部会員(正会員)の会費は、年額3,800円です。ただし、この中には入会金300円が含まれており、継続会員は3,500円ということになります。
正会員と同居の家族は、家族会員となることができ、その場合、年会費は正会員より1,000円安くなります。
学生会員は、25歳未満で、本部会員に限定されますが、年会費は1,000円です。
学生証のコピーも郵送して下さい。

入会金 年会費
本部会員 新入会員 300円 3,500円
同継続会員 3,500円
家族会員 新入会員 300円 2,500円
同継続会員 2,500円
受け付け

本部入会

※郵便振替でお申し込みください。入会金、年会費を下記に送付してください。(払込手数料は本人負担)

振替口座番号   00820-9-31374
加入者名       中日写真協会
※通信欄に「入会希望」と必要事項(氏名・性別・住所・電話番号・生年月日)を、家族会員は正会員の登録番号を、生徒・学生会員は学校名をご記入ください。
問い合わせ先=中日写真協会(本部)事務局
(名古屋市中区三の丸1-6-1,中日新聞社北館3階)
電話 052(221)0730

【注】9月からの入会は、年度途中となるため年会費は本部会員が2,000円に(ただし、入会金300円は変わらず)減額となります。

支部入会

支部役員(事務局で紹介します)に入会金・年会費・支部運営費・申込書を渡し、手続きを行ってください。

※上記とは料金が異なります。

【注】支部会員は、各支部で会費が異なるため、各支部にお問い合わせください。